大型の葬儀ならではの問題がある

大型葬とは、一般的な場合よりも規模の大きな葬儀のことであり、社会的な付き合いが多い人や、社会的な地位が高い人などが行うという特徴があります。参列者の人数に関しては、とくに決まりはありませんが、一般的には200名を超える場合が多くなります。大型葬を行う際の注意点として1つ目に挙げられるのは、「必要以上に費用が高くならないよう考慮する」ということです。葬儀費用は参列者の人数によって大きく左右されるため、人数が多い場合はそれなりに費用が高くなってしまいます。しかし、思ったほど参列者が集まらず料理が残ってしまうなどした場合でも、返金はされないというケースが多いため、適切な人数の把握が必要でしょう。2つ目に挙げられる大型葬の注意点は、「一つ一つの式を行う時間が長くなる場合がある」ということです。大規模な葬儀では、お通夜やご焼香で人が並ぶという状況になりやすいため、それらが終わるまでに時間がかかってしまうことが少なくありません。ですので参列者一人一人の方がご遺体の側にいる時間などを考慮する必要があると言えるでしょう。その他の注意点としては、「喪主一人では手が回らない場合がある」ということが挙げられます。その場合は、会社関係や趣味関係などに参列者を分け、その代表となる人物を決めて、その方に手伝ってもらうとスムーズに葬儀を行うことができます。

↑PAGE TOP