大型葬儀での重要なこと

大型葬儀は故人を偲ぶために多くの参列者が参加するため会場の規模も多くなり祭壇も大きくなります。また参列者に合わせたスタッフの数も多く手配されることになります。故人の遺志を尊重した上で多くの参列者に最期のお別れの場をしっかりと提供することができるようスムーズな流れとなるように進行していかなければなりません。一般的な大型葬儀の流れとしてはご安置後にお通夜を行い喪主より参列者に対してご挨拶をし感謝の気持ちを伝えます。そして参列者により直接故人に向けてお花を手向けてお別れの時間としていただきます。お別れ会が終了すれば故人の傍で会食を行い故人を偲ぶことになります。そうして故人の安らかな旅路を祈って葬儀を行ったのち出棺、火葬といった流れになります。最後まで参列していただいた方に向けてお料理をふるまい故人を偲ぶ会食を執り行うことになります。大型葬儀では喪主は参列者がどのぐらいになるのかの予想を算出しそれに合わせて会場の設定や会食を準備しなければなりません。また参列者の人数が多くなることで葬儀にかかる時間も多くなってしまうためスタッフも含めてそれぞれの役割をしっかりと分担して無事終えることができるようにする必要があります。

↑PAGE TOP